私の日本のシングル・ストーリー

このページの英語バージョンを見たかったら、これはリンクでございます。My Single Story of Japan

授業に出た言葉だけど、シングル・ストーリーは大切なトピックです。でも、シングル・ストーリーって、何でしょうか?私の話を読んだ後で、分かるかもしれませんけど、これは私の定義です。

“A Single story, to me, is a stereotypical image that you personally hold of a country, ethnic group, or an individual because of the environment that you grew up in.”

「私にとって、シングル・ストーリーっていうのは育った環境のお陰で、国や民族集団や個人につぃて、自分で持っている古典観念のアイデアです。」

今の私にとって、日本は本当にすてきな国だけど、前は余りそういう気持ちがなかった。

私はカリフォルニア州で生まれたから、子供ころから日本の事を学校で勉強したけど、日本のイメージは今のイメージと全然違っていました。小学生の時、カリフォルニアのゴールドラッシュを勉強したんで、その時、非常に日本人がカリフォルニアに移民しました。それから、カリフォルニアでは日本人が多いです(その理由は一つだけですけど)。でも、その時、日本人の友達や知り合いがなかったから、「カリフォルニアの中で、日本人が多い」というアイデアが全然気付かなった。

goldrush

中学ではまだ日本人の友達とかなかったけど、第二次世界大戦の事を勉強し始めました。日本の神風や真珠湾攻撃の事を習いながら、収容所や広島と長崎に投下された原爆の事も習いましたから、日本の事どう思うか分からなくなった。日本の政府はもちろん、過去に悪い事をしたけど、アメリカは多分日本より他の国に酷い事をしたし、真珠湾攻撃はアメリカに住んでいた日本人のせいじゃなかった。中学生の時、私はちょっとアニメを見たけど、アニメが好きだけで、日本は良い国だと思わなかった。でも、やっぱりアメリカは第二次世界大戦の行動を正当化したいから、私の教科書は神風とかはっきり説明できなくて、高校生まで、神風と考えたら、本当に悪い人だと思ったんだ。世間知らずだった(もちろん今もそうですけど。。。)。

pearl-color-111C5904

真珠湾攻撃のおかげで、アメリカ人は日本人に信じられない事になりました。

kamikaze

私は神風と思ったら、人間の事余り思わなかった。

私はアメリカの意見しか知らなかったけど、高校に入った時、世界史の授業を受けて、もっと日本の事を習いました。でも、三年間日本語の授業を受けていても、日本の文化とか余り知らなかった。その時、私は生物学の勉強を続けよう思っていたから、アニメで見える文化以外勉強が出来なかった。しかし、高校三年生の夏休みの間に日本に行って、大学で勉強したい事が変わりました。高校一年生から日本語の授業が大好きだったけど、専攻は日本語だったら、将来どの仕事が出来るか分からなくて、怖くなったんだ。

高校四年生の一学期に日本語を話す事に自信を無くしちゃって、どうしようか分からなくたけど、日本語の先生と相談したあとで、諦めるより、「もっとチャレンジしたらどうですか?」と言ってくれた。それで、先生の声援のお陰で、ジャパンボールという学問的大会に入りました。でも、ジャパンボールって何でしょうか?ジャパンボールは三人のチームで参加する学大会で、日本について、色々なトピックを勉強します。毎年によって、トピックはちょっと違いますけど、私は参加したジャパンボールのトピックは色々だったけど、私を勉強したのは日本の式典や舞台芸術や宗教だった。2014年の4月に、ワシントンD.C.に行って、チームと一緒にジャパンボールに参加して、アメリカ全国で、二位をもらった。

私の学校(クパチーノ高校)のチームだ。私は下列の真ん中の女の子で、私の右にいる二人はチームメイトです。

私の学校(クパチーノ高校)のチームだ。私は下列の真ん中の女の子で、私の右にいる女の子と男の子は私のチームメイト。

ジャパンボールの後で、「日本語が出来る!」という気持ちになって、日本の事をもっと知りたくて、大学を楽しんでいた。今大学一年生だけだけど、日本の事をいっぱい習う事が出来たんです。歴史、文化、政治、芸術など習ってから、「日本はどの国か分からない」という気持ちはもう消えました。他の国の同じように、日本も穢れとかあるんだけど、ちょっとでも勉強してから、今、日本の強さが少し分かった気がする。

世界の中で、私は余り分からない国は多いです。私はインド人でも、インドの歴史や政治の事余り知っていません。もし、私が日本語を勉強していなかったら、日本の事を考える時、「神風、第二次世界大戦、収容所」などの日本に対する固定概念を今だに持っていたかもしれません。だから、私にとって、世界の皆さんともっと仲良くするため、言語の勉強は一番大切のです。言語を勉強したら、その国の文化などはちょっと分かりやすくなると思っています。この世界の中で、特にアメリカでは、差別は多いです。残念だけど、何回自分で反対を言っても、皆は「シングル・ストーリー」があります。私も日本語を勉強する前に、日本人の事に関するシングル・ストーリーがありました。そのことがきっかけで、これからシングル・ストーリーを持たないように、他の国とかの事を習う事に決めました。そういう気持ちがあったから、カリフォルニアを出て、オハイオ州立大学に来ました。

もし、もっとシングル・ストーリーを習いたかったら、この動画を見てください。英語でしか話さないけど、本当に面白い動画です。

その動画でチママンダさんは自分のシングル・ストーリーについて話します。チママンダさんはナイジェリアから、アメリカに来た時、ルームメイトはアフリカからの黒人を考えたら、教養人じゃなくて、貧乏な人のイメージがありました。それはシングル・ストーリーです。でも、チママンダさんもアメリカの白人を考えたら、シングル・ストーリーがあったそうです。世界のどこに行っても、シングル・ストーリーが持っている人がいますよ。

私もそういう経験があったんですよ。私は家のルームメイトの初めて会ったインド人だったから、ルームメイトはインド人にとって、色々なシングル・ストーリーがありました。私は「インド人と考えたら、どういうイメージがあるか?」と聞いた時、ルームメイトは「宗教的な人で、数学や化学に強くて、英語が出来ないみたいな人」と言いました。でも、私は反対です。宗教に興味があるんだけど、余り宗教的な人ではなくて、数学と化学は私の一番弱い科目で、私はアメリカに生まれたから、英語はペラペラ話せますから、ルームメイトは私に会ってから、すごくびっくりしたそうです。

「Big Bang Theory]というアメリカのテレビ番組からのラジュはアメリカ人にとってインド人の例です。

「Big Bang Theory]というアメリカのテレビ番組からのラジュはアメリカ人にとってインド人の例です。

けっきょくはシングル・ストーリーっていう事が消えないけど、他の人はインドについて質問があったら、簡単にむかつくより、ゆっくり説明したら、シングル・ストーリーが少なくなると思っています。だから、皆さんは外国人にシングル・ストーリーがあったら、失礼な事を言う前にちょっと調べて、本気で質問を聞いたらどうですか?

One thought on “私の日本のシングル・ストーリー

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s